足がむくむメカニズム

足がむくんでしまうメカニズムを簡単に説明します。

血液中の水分が血管の外に染み出してしまうと皮膚の下に水分が溜まってしまいます。

細胞と細胞の間に余分な水分が溜まってしまうと、外からみたときにいわゆるむくんでしまっている状態になっているわけですね。 なぜ、そのような状態になってしまうのでしょうか。理由としてあげられるのか血流の流れが悪くなってしまうことです。

血液は、体の全組織に必要な栄養素や水分を運んでいます。

血流が悪くなってしまうと、血管から水分が漏れ出してしまうのです。

イマイチよくわからないという人は、とりあえず、むくみというのは血管から漏れ出した水分がある部分にたまってしまった現象であるということをおさえておいて下さい。 また、全身の血流の循環に筋肉が大きなはたらきをしているということはご存じだと思いますが、筋肉量が男性より少ない女性の方が、むくみは発生しやすくなっています。